2005年01月13日

[底]言霊使い

 夢は遙か遠く。

 まぁ何事かというと、先日ケンカにもならなかった人と少し仲直りしまして。本当に「言われなきゃわかんねーよ!」と(もう少しソフトに)言ったら向こうが歩み寄ってくれたわけですが‥‥こっちでも意外なほど、いろんなとこで僕の言葉が刺さってたようでした。これは本気で反省。
 タイトルの「言霊使い」というのは、まぁ小説とかマンガとかでいろいろ定義されていると思うんですが、僕の定義は簡単で「相手の心情を意図した方向に動かすように言葉を扱う人」です。わかりにくいかな。

 言葉には人の心を動かす力があります。その「力」を言霊と呼んでいます。言霊使いというと、魔法使いが魔法を操る人なのと同じで言霊を操る人。魔法使いが「自分の意図した結果」を魔法で出すのに対して、言霊使いは「自分の意図した結果」を言葉で(正確に言うと言葉の持つ力で)出します。
 人を喜ばせたり悲しませたり、苦しみを増したり和らげたり、やる気を出したり失わせたり‥‥効果はもちろん物理的に現れるわけではないですが、精神的に大きな効果を出すことで間接的に肉体的な状況を操ることもできます。

 この力を意図的に操ろうと思うと様々な状況に対応した言葉を知らないといけません。それだけでなく、自分の口から出す言葉を完全に制御できてないといけません
 今は自分の中にストックされている言葉が足りないだけでなく、口に出す言葉の制御がほとんどできてないです。これはどもりもありますけど、どちらかというと自制心の問題。最近よく感情に流されて余計なことを口にしていて(おかげで件の人に怒られるわけですが)、言霊という面で見たら害意のある力を抑え切れてない格好です。非常にまずいです。

 元々対人コミュニケーション能力に多少難のある人間なので、言葉の扱い方を意識的に鍛えることで、せめて相手に不快感を与えず悪印象を持たせないようにしたいと常々思ってはいるんですが‥‥。

 ちなみにWikipediaでは「言霊」はこう説明されています。なるほどー。
posted by alohz at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | thinking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1572315

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。