2005年01月21日

[底]拾いネタ

 美味しいものと美味しくないものとをさっき拾ったので、並べて紹介します。ちなみに美味しい美味しくないは僕の個人的な読後感によるものですので、特に批判(非難)的意図がないことを先に明言しておきます。

 まずは美味しくない方からいきましょうか。好きな物は先に食べる派なんですけどね。

 NHKの旧日本軍慰安婦問題の責任者を裁く市民団体開催の民衆法廷を取り上げた2000年2月放送の番組に対して、 自民党の政治家が事前にNHK幹部を呼んで内容の偏りを指摘、その後NHKが番組内容を再編集して放映した という朝日新聞の報道に対して、「NHK幹部を呼びつけた」政治家2人が共に誤報だと反論したという問題について。(Source:Irregular Expression朝日新聞虚偽報道問題カテゴリ)
 うちも朝日取ってるのでこの記事読みましたけど、素直に「おいおい政治家ぁ」と思ってました。情報源サイトの内容を見ると何も言えないですね。
 僕は特定の政治的思想はほとんどないのでこういうことを口にするのも何ですが(と前置きしておいて)、こちらの情報源サイトも言葉の選びは相当偏ってるように思います。さらに内容が内容なので100%信用できないとこもあります。ありますが、少なくとも朝日は疑います。

 情報って元々人の手を介しているとある程度欠けたり歪曲したりするもので、それをうまく元の姿に戻して見ることができるのが「情報をうまく扱える」人なんでしょう。殊に今は様々な情報が渦巻いていて、さらにいろんな人が自分の考えをそのまま表現しやすくなったので(こういうブログしかり、テレビや新聞等のマスメディアもしかり)本当に信頼できるのは自分の目で見た事実だけ、と言っても言い過ぎではないぐらいに信用できる情報を選ぶのは難しいです。
 別に朝日だからダメで日経ならいいとか、NHKはダメだけどBBCならいいとか、そういうことじゃないでしょうしね。今回の朝日の記事が誤報だったとして、朝日の記事が全部誤報だとは限らないわけですし。

 さて、では重たい話の後は口直しに美味しい話。なんとエジプトで未盗掘のミイラが見つかったそうです。それも早稲田の調査隊によって。(Source:Yahoo!ニュース)
 どうやら黄金のマスクで有名なツタンカーメン王よりも古いミイラのようで、木棺の中から完全な状態で見つかったんだそうです。名前や役職まで(ヒエログリフで)書いてあったらしく、貴重な発見みたいです。吉村作治先生も世界ふしぎ発見!でしか見たことないですが、本業でも活躍してますね。
 美味しいってわりには墓暴きなんですけど‥‥ま、歴史の話ってことでお許し下さい。
posted by alohz at 23:52| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1665429

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。