2005年02月07日

[底]ショールーム・カフェ

 実家の車のサイドミラーの調子が良くないので、今日それを直してもらいに行ってきました。右側だけ畳もうとすると何かに引っかかって畳めないという症状で、もう予約も済んでいたので車を運んでいって運んで帰ってくるだけだったんですけど。

 途中で道を間違えたので無駄に大回りをしつつも到着し、駐車場で店員さんに車とキーを預けて入店。テーブルに座って修理内容の確認でもするのかな、と思ったら「何かお飲みになります?」と。‥‥え?
 テーブルの上にはちゃんとメニューも乗ってます。もちろん飲み物だけでしたけど、コーヒーや紅茶からジュース類まで結構15品目ぐらいありました。とりあえずホットコーヒーを注文して、それから内容確認。

 今日はそこから近い区役所に行く用事もあったので、修理してもらってる間に歩いて行くつもりだったんですが、30分ぐらいで終了しますので!となんだか気合いの入った声で告げて去っていったので、コーヒーもあるんだしと思って本を出して読んでました。
 すぐに女性の方がコーヒーを持ってきてくれたんですが、結構美味しかったです。ドトールよりよかったぞ。
 待ってる間、隣のテーブルのお客さんが自分の車に時々起こる不可解な現象をショールームの人に説明してたんですが、そが逐一聞こえてきて一緒に困惑してました。アクセル踏んでないのにギアをニュートラルにしたらエンジンが勝手に回転し始めるって‥‥?エンジン制御の信号が変な風に出てるんじゃないかと素人考察してみたり。もしそうなら結構怖いですよね。エンジンの誤作動って下手すりゃ「ブレーキが利かない!」というアクションやミステリーでよく見るシーンを演出しかねないわけで。あ、でもブレーキはエンジンが回ってても一応利くのか。

 30分ぐらいで修理が終わったので、区役所の駐車場でミラー畳んでみましたが、ちゃんと畳めました。しかも左より1秒前後早い。新品のせいか無駄に元気でした。
 ちなみに修理後、「左もどっかにぶつけたりしたら(右と)同じような状態になる可能性が高いです」みたいなことを言われました。安全運転しないともう2万ぐらい払わされるらしいです。交換すると高いなぁ‥‥。
posted by alohz at 22:33| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。