2005年03月19日

[底]人権擁護法案雑考

 知り合いのブログを見ていたらこれに関する記事が出ていたので、そろそろ記事にしなきゃいけないかな、と思い取り上げます。本当はずいぶん前にこちらのサイトで取り上げられていたのを見て知っていたんですが、ちょいと避けてました。
 政治関係に元々疎いので、あまり知ったかぶりなことを書きたくないというのもありますし、前にもthe third placeで法律関係の記事を書いたことがあったんですが、その時も法案の文書を全部読んだりして結構時間もかかったのです。それが面倒だったので‥‥。

 この人権擁護法案ってのは何なのかというと、こういうものみたいです。少々長いですが、読んでみて下さい。ちなみに上で最初に見たところとしてあげたのし部屋さんのトップページからも飛べますがFlashでの説明もあります。ここで僕が説明すると端折りすぎていいことも悪いことも伝わらない気がするので、どちらかに飛んでみて下さい。

 で、その上で。今回はのし部屋さんの論調があまりに強かったので、正直逆に警戒感をもって見てました。どうも政治的に強烈な発言をされると疑ってかかる癖がついてるみたいで‥‥。

 正直いくつかのまとめサイトの意見を見る限りでは、とりあえず反対しなきゃいけないというのが僕の意見です。わざわざ「とりあえず」と言ったのは、政府がとにかく通してから解説しようという姿勢に見えるので、それならとりあえず廃案に追い込んどいて、それからいろいろと検討して、もし意外にまともな部分があるならそこだけすくい上げてもいいかな、という考え方です。とりあえず潰してから全てを始める、と。

 で、人権侵害であると認定し、強制捜査などを発動させる機能を持っていて、暴走するとえらいことになると噂の人権委員会なんですが、これは法務省外局として設置されるそうです。外、となってますけど実質法務省の傘下に置かれるようで、これも「影響を如何に減らすか考えなきゃ(民主党江田五月議員)」というコメントが出ています。
 が、どっちかというと委員会に対する監視機関が無く、強制捜査権をフリーに使える状況というのがマズい気がします。捜査令状も必要とせず、拒否したら問答無用で30万というのは、常識的に考えておかしいような気がするんですがどうなんでしょうか。

最後に蛇足コメント。
・なんかただ委員会と書くと「人権擁護」がいつの間にか「人類補完」に換わっていそうな気がします。
posted by alohz at 02:05| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | thinking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2484376

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。