2004年06月28日

[底]ネット上での「名前」

 ネットをふらふらしていたら津村ゆかりさんのブログで「ネットで実名を名乗るための危機管理」という記事を見つけました。
 実名がネットに出ること自体が危ないわけでなく、その実名に伴う情報や感情が問題なのだと思う という津村さんのご意見は非常にもっともなことで、重要なのは個人名から特定できる情報によって被るかもしれない不利益を避けることです。

 このブログで、僕は実名を一切出していません。自分のはもちろん、他人のものも出さないようにしています(有名人だったりネット上で自分の意思で既に公開されているものであれば別ですが)。
 その代わり、情報については結構出してますね。このブログなどはそれによって僕が出す情報に信憑性が出たり(タイ関連の記事など)ネタとして成立したり(日記もの)しますから、それについては多少のリスクを承知で出しています。もちろん、容易に個人を特定できないような表現を心がけてはいますよ?
 あと、僕が持っている別のサイトではAl(OH)3ではなく別の名前を名乗っています。これは単純にここの情報と別サイトの情報とを明確にリンクされたくないからです。理由は色々ありますが。

 蛇足ながら、情報の漏洩は現在非常にシビアな問題です。Yahoo!BBなどさまざまな企業で顧客情報が漏洩していますが、これは一目で個人を特定できる情報ですから深刻です。僕自身もインターネットに自宅から接続していますから、当然プロバイダーを通しています。それはすなわち、登録時に相手に渡した情報が漏れる可能性があります。
 もちろん企業側も(故意に売った場合は別として)漏らしたくてやったわけじゃないでしょうし客も来なくなっちゃいますから、できるだけセキュリティ面での努力はするでしょうが、これはもういたちごっこですし。
 他にも街頭アンケートや履歴書、同窓会名簿に至るまで、あらゆるところから情報が漏れる可能性があります。これを防ぐ方法は事実上存在しないでしょうね。
 これを考えると、もちろん最低限の情報しか出さないよう気を遣うことも必要ですが、漏れた時に困らないように行動すること、津村さんの記事にもあるように、被害を受けそうな行動を慎むということも大切です。つまり、品行方正に生きよってことです。被害に遭う可能性はゼロにはなりませんが、減らすことは可能なんですから。


 と、いうことで。試しに自分の実名をぐぐってみました。そうしたら1件だけヒットしました。‥‥一昨年の大学の試験で満点取ってたことが判明しました。単位が来たからよし、で特に気にしてもいなかったんですが、まさかそんなに出来が良かったとは思わなかったです‥‥そしてそれがネット上に晒されてるとも‥‥。

 とりあえず不名誉な情報じゃないですからよかったですけどね。
posted by alohz at 17:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | com/net | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。