2005年05月16日

[底]雨のタイフェスティバル

 昨日は書いてる暇がなかったので今日になってから。代々木公園で開かれていたタイフェスティバルに行ってきました。今年は例年にもましてすごい人!そしてすごい数のブース!
 去年まで渋谷公会堂側ゲートの辺りは食料品のブースは少なく、文化系のブースがちょこちょことあるぐらいだったんですが、今年はゲートのすぐ後ろぐらいからタイ料理の屋台とものすごい人。驚きました。
 すでに一昨日昨日と行かれた方々がエントリー書いてらっしゃいますので、特に写真を見たい方はASIA de Healingさん、Mew's Roomさん、Twilight Photo Gallaryさんなどもご覧下さい。

 今回の僕のお目当ては2つ。去年の6月に「ワイ・ジャイ・ダイ・ガー」を含むアルバムでデビューしたランナー・カムミンと、先日大塚のライブに引き続きのJT-Bridgeです。あとは適当にタイ料理をつまんで‥‥などと思っていたら、同じく来ていた大学の後輩と会ったので4人でつまむことになりました。

 代々木公園に着いたのが2時ちょうどぐらいだったんですが、そこからステージ前に行くまでに5分ほどかかってしまい、ランナーの最初の1曲は聞き逃してしまいました。それでも大半の曲は聴けました。意外とロックなんだなぁ、と思いつつ。田舎ポップス、という風情の「ワイ・ジャイ・ダイ・ガー」しか知らないので意外でした。で、この曲が一番よく聴くので当然最後だろう、と思ったら途中に入れてきたのでまたもびっくり。でも結局最後にもやってました。いくら売れてるとはいえ同じステージで2回歌うとは‥‥。
 この間も雨は降ったりやんだりしてましたが、ライブが終わったので後輩3人と共に屋台を何軒か回って買い物をしてました。が、グリーンカレー、パッタイ、チャーハンときて揚げバナナを買おうと並んでいると、また雨が降ってきました。段々強くなっていって、揚げバナナの袋を持って人混みを脱出した時には結構強くなってました。
 それでも、混んでいるからと移動していた3人と合流して、木の下で味見してたんですが(美味でした)、あまりに強くなってきたので、もう少し雨のかからないところに移動して4人で同じ傘の下弱まるのを待つことに。
 しかし弱まるどころかどんどん強くなってきて、傘からはみ出ている背中はずぶ濡れになるわ、およそ150mぐらい先に雷が落ちるわ(距離は稲妻と雷の時間差から推定)、いつの間にかJT-Bridgeのライブ始まってるわ、もう大変でした。揚げバナナとチャーハンが美味しかったのが救いです。

 幸運にも(というとバンドの皆さんには悪いですが)始まってすぐに中断を余儀なくされたようで、中断後の曲は全部聴くことができました。今回は何よりもまずChikoさんのお化粧に注目(失礼)。いや、この間はわりと薄かったので‥‥。
 ライブの方は、Ryoさんが加わって曲が増えたのと、Chikoさんも大塚では歌わなかったレパートリーがあったのとで、時期の近さはあまり感じませんでした。相変わらずタイフェスに来る(特にタイ人の)お客さんのノリはすごい!しかも全曲知ってて歌えるのもすごい!去年よりリズムも安定し(JanさんとMasatoさんの力!)楽しんでやってるなぁと思いました。
 そしてChikoさんもRyoさんもタイ語でMCやってるのもすごいな、と思いました。いちタイ語学習者として、感服。

 しかし褒めた後にはオトすのが僕の悪い癖。
 今回、PAはひどいものでした。一番気になったのがスネアの音。ランナーの時からそうだったんですが、音が変なんです。ドラムなら、普通は叩いた瞬間に一番でかい音が出ますよね。それが何故か、叩いた瞬間から若干遅れて音が来ます。タンという感じ。おかげでちゃんと合ってるビートが気持ちよく聞こえませんでした。全体のバランスも、特に低音が出すぎでヴォーカルやギターがよく聞こえません。
 これ、PAはタイ人の方がやったんじゃないでしょうか。タイでライブ聴いて「うわー」と思った時の音と、傾向が似てます。スネアはあんなにひどくなかったんですが、タイでライブを聴いてると、プレイヤーではなくPAスタッフの質の低さが時々悲しくなります。レコーディングだとそんなことないんですけどね。(もしタイ人じゃなかったらごめんなさい。でもご本人にはプロとして耳を鍛えていただきたい。素人耳にもあれは酷いです)
 それから、確か「OK・ナ・カ」だったと思うんですが、Chikoさんがテンション上がりすぎて音程が半音ぐらい上がってたのが残念でした。ノリノリの曲だったので気持ちはすごくわかるんですが!

 でも、毎年あのステージで、タイ人のプロミュージシャンと並んで立って成功させているというのは、本当にすごいことだと思います。新進気鋭のランナーと超大物カラバオに挟まれて演奏できるのは、心底うらやましいですし、そんなステージであれだけお客さんを沸かせるんですから。来年もあのステージでJT-Bridgeが見たいです。できれば晴れてる時に‥‥

 蛇足ながら、さっきJT-Bridgeの裏日記をのぞいてみて、ステージのすぐ近くにあった文化交流なんとかのブースで撮ったTomoちゃんの写真にちょっと感動しました。可愛い!そして違和感なんてどこにもありませんね。
posted by alohz at 21:20| バンコク ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライブお越しいただきありがとうございます
(&Diaryのトラックバックもどうもです)

ライブは色んなハプニングがありましたが非常に
楽しむことが出来ました。これも全てお客さんの
お陰です(感謝)。

PAさんは、、、日本の方です(^^;
全体の音はこちらから聴こえないので確認できませんが
(演奏してるから当然ですね)お客さん側からはそのように
聴こえていたのですね、参考になりました。
(ちなみにバンドとしては、今回はPAさんに助けられ
っぱなしでした。ライブが中止にならなかったのも含め)

来年も是非、ステージに立てると良いですね〜。
そうなれるように、今後も頑張っていきたいと思います。
応援よろしくお願いします。
Posted by Masato@JT-B at 2005年05月17日 12:17
Masatoさん、いらっしゃいませ。

あらら、PAさんは日本人でしたか。
そちらの記事を見ると驚くほど親切な方ですね。
ギターの弦張り替えてくれるなんて‥‥。
腕についてはともかく、いい人だったのはよかったですね。

来年も、そしてこの次のライブも頑張って下さいね。また予定が合う限り聴きに行きます。
Posted by alohz -master at 2005年05月18日 00:05
どうもです。
4月に引き続きライブを見ていただけて光栄です!!
そうですかー2日目は低音出過ぎ…。いや、心当たりあるのです。たぶんPAも多少はあるのかもしれないですが、ベースアンプからの直音が大きかったのかと…。

というのも1日目がベースのモニター音が小さすぎて、2日目に上げてみたんですよ、ハハ…、上げ過ぎたカモ。

トラバさせていただきました、今後ともどうぞよろしくです。辛口コメントも引き続き期待です。
Posted by Jan(Bass) at 2005年05月18日 14:50
Janさん、いらっしゃいませ。

モニター音上げていたんですね。
でも、おそらくはJanさんのセッティングはそれほど大きく影響はしてないはずです。
低音は、むしろランナーの時に強く感じましたし、ドラムのタムの音も増幅されてましたから。

辛口、というかなんというか‥‥ともあれこちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
Posted by alohz -master at 2005年05月18日 23:58
タイフェスのライブ見ていただいてありがとうございました!本当にすごい雨でしたね!私のメイクも取れそうな勢いでした(笑!)そうそう、メイク濃かったですね。ステージように遠目でも顔がわかるようにしたのです。大塚の時は、自分でやって、念入りにしたつもりだったのに何人もの人にメークが薄いと指摘され、そっか、ステージの上というのはそういうものかあ、と思ったのでした。今回のあの濃い〜!メイクはなかなか好評でございました。
それにしてもみんなが盛り上がってくれて最高でした(泣!)今でもみんなの盛り上がりを思い出すと胸が熱くなります。感謝!感謝!みんな喜んでくれたみたいでそれが本当にとても嬉しいです。
まあ、あんまり興奮して、時々音程がやばいことになってましたね(笑)興奮してても保てる術をつけていきたいな〜と思ってます☆
「来年もあのステージでJT-Bridgeが見たいです。」
というお言葉、本当に本当に嬉しいです、ありがとうございます!これからも応援よろしくお願いします!!

Posted by チコ at 2005年05月30日 19:52
チコさん、いらっしゃいませ!

やっぱり、舞台化粧だったんですね。高校生の頃、演劇の練習でドーラン塗った同級生の顔を見たのを思い出しました。

本当に、例年通り(以上?)の盛り上がりでしたね。客席からでも、思わず横を見てしまうくらいでした。
これからもバンドの皆さんと一緒に、どんどん成長していってください。応援してます!
Posted by alohz -master at 2005年05月31日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

週末の出来事(タイフェス&Eura Live)
Excerpt: たぶんこれからの人生でも、こんなに充実した週末はそうは来ないだろう。 人に諭されることも多い「詰め込み型」ライフの僕ですが、この週末もまたなりゆきで詰め込みモードとなってしまいました。 それで..
Weblog: Janの旅ブログ
Tracked: 2005-05-18 14:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。