2004年08月09日

戦争のつくりかた

 「戦争のつくりかた」という絵本が出版されたことと、Webで読めることを知ったので、行ってみました。
 リンク先にはWeb版、PDF版(読む用、印刷用)、i-mode版の全4種類が公開されています。僕はとりあえずPDF版をダウンロードしてざっと読んでみました。絵本なので30ページ余りでもすぐに読めます。

 何というか、すごく平易な文体で結構恐ろしいこと書いてるな、というのが最初の印象です。でもこの恐ろしいことがこれから実現する可能性があるんですから、その点でも恐ろしいです。
 戦争のつくりかたというタイトルの通り、戦争とは何か、よりも現状から戦争を始めるまでに何が起こるか、を綴っています。そのため、子供に読ませるにしても、テレビのニュースで「戦争」とは何かを知っていることが前提になってます。

 最後の方にある一言が一番痛いです。

ここに書いてあることが
ひとつでもおこっていると気づいたら、
おとなたちに、
「たいへんだよ、なんとかしようよ」と
言って下さい。

おとなは、「いそがしい」とか言って、
こういうことに なかなか気づこうとしませんから。

(Source:絵本「戦争のつくりかた」p28)


 で、平易なのでできるかなーと思ってタイ語訳をやってみました。やはりというか、2、3ページで既に辞書と首っ引きでしたけど‥‥。
 とりあえず奥付の出典・関連法案等を除いては翻訳終了しました。が、どのみちこの訳では使い物にならない(タイ語として不自然だったり意味が通らない)ので、自分の勉強のためにも誰かに添削してもらって、特に意味はないですがここにアップしようかな、と考えてます。
 さすがに出版してもらおうなんて度胸はありません‥‥。
posted by alohz at 01:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426452

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。