2004年08月26日

[底]たんす

 タイで半年ほど前に公開されていた韓国発のホラー映画「A Tale of Two Sisters」が日本でも公開されるようです。その邦題が「箪笥《たんす》」。確かにポスターにはたんすが見えてますけど‥‥。

 僕は恐がりでホラー映画は一切ダメなので、この映画ももちろん見てません。が、この映画のウェブサイト、特に韓国版のウェブサイトは面白いです。というか‥‥怖いです。ウェブサイトなのに。結構よくできてます。
 ロード時間がいちいち長いのが玉に瑕ですが、それでもFlashをふんだんに使って凝ったサイトに仕上がっています。ハングルしかないので内容はわかりませんが、一度見てみたらいかがでしょう。ちょっと楽しめます。

 先日紹介した「マッハ!」もそうですが、最近は映画のウェブサイトもきれいだったり動きがあったりと工夫されてますね。そうでないと売れないみたいな気合いの入れようです。Innosenceのサイトも(今はもうないですが)公開直後は「素子のメッセージを探せ!」といって、関連サイト10数カ所にバナーを貼ってプレゼントのキーワードにしたりしてましたね。
 こういうサイトは映画本体とはまた別に楽しめるので好きです。企業のサイトにFlashを使ってるのはどちらかというと否定的ですが、映画関係は全部ひっくるめてエンターテインメントですもんね。
posted by alohz at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | movie/tv | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画: 箪笥(たんす)
Excerpt: 邦題:箪笥 原題:薔花、紅蓮 / A TALE OF TWO SISTERS 原
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2004-08-27 01:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。