2004年10月03日

[底]タイポップ・フリーク

 タイポップス関連のサイトをKoh Mr.Saxman Fan-Site of Japan経由で2件見ましたので紹介します。1つは「阿凡提の世界」さん、もう1つは「中國娃娃/関西支社」さんです。

続きを読む
posted by alohz at 04:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

[底]ニュース2本

 まず、悪いニュースが1つ。鳥インフルエンザが再び鎌首をもたげています。現在までに2人の感染者が確認され、うち1人は人から人への感染が疑われています。一応今回は前回のようにバンコク都内にまで広がるということは今のところありません。(source:タイの地元新聞を読む
 旅行者の方はくれぐれも鶏には近づかないようにしてくださいね。‥‥機会は少ないでしょうけど。

 続いて平和なニュース。10/1より50バーツ紙幣が刷新されます。現在の紙幣の原料となっているポリマー紙(タイ語記述より直訳)がそろそろ底をつく上に、折りにくかったり滑ったりとタイ人にあまり好まれていないことから行われたもので、1、2年中に旧札は回収されるそうです。(source:Kapook!
 個人的にはあの不思議な紙質は好きだったんですが‥‥新札がどういう素材なのかは書いてませんが、はちゃんと空いているようです。
posted by alohz at 01:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

Changing Bangkok

 3年前に初めて自分でバンコクに来た時、10年前から変わっていない風景が意外にあって、驚いたものでした。10年も経てばどこもすっかり変わるもので、もちろんバンコクも大きく変わってはいましたが、前に住んでいたマンションやその近くのビル、エラワンそごうやワールドトレードセンターの様子が記憶の通りだったりして、どちらかというと「変わっていない」印象が強く残りました。


続きを読む
posted by alohz at 17:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月30日

[底]バンコク都知事選

 29日はバンコク都知事選挙の日でした。町中に候補者の看板が溢れていて、日本と同様に選挙カーも回ってました(あまり家にいなかったので表通りから奥の方まで行っていたかどうかはわかりませんが)。僕自身はもちろん、家主も選挙権はないので、他人事のように見ていました。正直政経分野の知識は「タイの地元新聞を読む」さんに全面的に負っているので、自分では候補者の名前もほとんど覚えてないような状態です。今回は与党系列の(公認ではないようですが)パウィーナー候補が有利と言われていたんですが、野党のアピラック候補が勝ったそうです。

続きを読む
posted by alohz at 03:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月19日

原油高

 タイではかなりの影響が出ています。早ければ来週から、ガソリンスタンドは12時、ハイパーマーケットは10時、デパートは8時に閉店するよう規制することが検討されているようです。(Source:今日のタイねた
 これに対してデパートは、ハイパーマーケットとの2時間差はおかしいと不満が出ているようですが、一方でガソリンスタンドの12時閉店はほとんど売り上げに影響を与えないようです。(Source:TNA

続きを読む
posted by alohz at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月30日

タイ語のだけの問題じゃありません

 昨日(7/30)はタイ語の日だったそうです。そんな日に、タイの大学では最高峰のチュラロンコーン大学教授が「タイ語の美しい響きが損なわれる可能性がある」と憂慮を表明したそうです(Source:タイの地元新聞を読む 7/30付記事)

続きを読む
posted by alohz at 23:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月22日

ま、まっは!?

 7/24(土)、タイからやってきたムエタイアクション映画「マッハ!!!!!!!!」が公開されます。
 この映画のことを最近になって駅の広告を見たり話を聞いたりしておかしいな、と思うことがありました。どうも以前タイでVCDを買った映画が6月に日本で公開されるという噂を聞いていたのに公開されたという話を聞かない、でもってこのマッハという映画はどうもその映画と似ている。
 その映画とは「Ong-Bark(仏頭)」という映画で、東北地方の貧しい村の仏像の首が落とされ盗まれてしまうという事件が発生したため、それを追って村一番の身体能力を持つ青年「ティン」が上京し、人並み外れたアクションとムエタイを駆使した格闘で暴れ回るというお話です。‥‥以前書いたような気がしますが。

 で、先週辺りにポスターを見て、ようやくこの2つの映画が同一のものだとわかりました(名前変わってたのね)。しかし、どうしてマッハになったのかはわかりません

続きを読む
posted by alohz at 00:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月17日

奪い合い‥‥

 えー、タイの東北部(中部寄り)にあるナコン・ラーチャシーマー県で、道路を挟んでなんと40人もの女子中学生(か高校生)が大喧嘩をしたそうです。それも理由は別の職業訓練校に通う男子生徒の奪い合い。(Source:タイの地元新聞を読むの7月17日の記事)
 別に40人によるバトルロイヤルだったわけではなく、恋敵だった2人がそれぞれに友人を集めて激突したんだそうです。しかし友達同士のつながりが強いのはすごいですが、奪い合いの対象になったその男子生徒は何とも言えない気分でしょうね。

 ちなみにこの騒ぎ、警官10人がかりで鎮圧したんだそうです。

続きを読む
posted by alohz at 22:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月06日

気になるニュース

 去年の4月、中国やタイを襲った鳥インフルエンザ。一旦は沈静化し、危険区域指定なども解除されたはずですが、それが復活したかも知れないというニュースがありました。
 このニュースの中では、再発が確認されたのはチェンマイの研究農場とアユタヤの養鶏場の2ヶ所です。チェンマイは北部最大にしてタイ第2の都市。アユタヤは中部地方にあるバンコクからほど近い遺跡都市です。どちらもかつては王国の首都として栄え、現在は観光地として数多くの人々が訪れる街です。

 もちろん、以前猛威をふるった頃から言われている通り、鳥インフルエンザに対する予防はとにかく鶏に近づかないことに尽きます。前回タイ国内で亡くなった方々は全て自宅で飼っていた鶏から直接移されたので、観光客は基本的に問題ないはずです。

 ‥‥ここで弁護してるのはタイ観光業界への支援というより、僕が夏行く時に一緒に行くかもしれない友達向けです。
posted by alohz at 21:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月30日

ギャンブラー王国

 タイ人はギャンブル大好きです。宝くじも公営のものだけでなく、その当選番号を利用した闇くじ(地下くじ)が長きに渡って人々の懐に涼風を送り込んでいました。ちなみにこの闇くじ、現在は合法化されています。その名も「地上くじ」。Undergroundに対してOvergroundという名前を付けたんです。‥‥センスは微妙。
 また、タイ人はサッカーが大好きです。ナショナルチームでは東南アジアでは圧倒的な強さを誇っていますし(さすがにまだ日本などには敵いませんが)、欧州リーグなどもテレビやラジオで流れていて、意外なほどに詳しかったりします。

 そんなタイ人にとって、ユーロ2004は格好のお祭りです。それが高じすぎて、質屋が大盛況なようです。(source:タイの地元新聞を読む、6/29の記事)
 どうやら平均で10〜30%もの利用者増が見られたようです。これもユーロ2004でサッカー賭博をしたためで、掛け金の補充や借金の返済のために利用者が増加したようです。特に人気のあるカードのあった日は利用者が多かったとか。
 しかし注目すべきはその後で、なんとサッカー賭博の資金源として質屋を利用したのは全体の18.6%だけとのこと。つまり8割以上の人が資金源として別の方法を使ってるわけです。友人ルートはまだいいとして、高利貸しはまずいなぁと思いますけどね。
posted by alohz at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月22日

ミスコン on Web

 ネタ元は前の記事と同じく「Kapook」です。
 「Internet Girls Gallary Project 3―Summer Holiday」と題されたネット上ミスコンのような企画が出ています。かわいかったのでご紹介。

続きを読む
posted by alohz at 00:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Blog in Thailand

 タイにもブログというものがあります。どれぐらい広がっているかは調べていないのでわかりませんが、ウェブポータルの1つ「Kapook」のブログを見る限りでは、結構な人数が書いてますが日記の他に散文詩みたいなのもあるようです(そんなにいくつも読んでませんよ。読んだうちでは、です)。
 その中でも1つ面白い、というか目に留まったものがあったので紹介します。タイ語の知識がないと読めませんが、読めなくてもどうして目に留まったのかはすぐにわかるかと。
続きを読む
posted by alohz at 00:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月17日

便利ソフト

 といってもごく一部の人にとって便利なソフトですが。「タイ語を扱うソフトウェアなど」の小暮陽一さんが、日本語版のWindowsで動くタイ語出入力に関するソフトをいくつか公開されているので、その中でも僕が使っている(使っていた)ソフトを2つご紹介します。

続きを読む
posted by alohz at 15:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月09日

省エネ続報

 結局
・ガソリンスタンドの0:00〜5:00の休業
・22:00以降の広告塔の消灯
・国道以外の街灯の間引き
・5000cc以上の自家用車にかかる税金の増加
・省庁・公営企業の節約状況の定期報告義務化
 という5つの方針が承認されたようです。テレビについては却下されたそうです。そりゃそうだろうなぁ。
posted by alohz at 23:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイの省エネ策

 最近の原油高傾向に伴って、タイでもエネルギー節約を考えているようです。バンコク都民を対象に省エネ対策に関する意識調査が行われました。そしたら意外と面白い結果が出ていました。
 先に書いておきますが、この記事は下にもリンクした「タイの地元新聞を読む」からニュースをいただいています。

続きを読む
posted by alohz at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月08日

ロングステイのご案内

 今、タイが暑い!当たり前です。熱い!

 というわけで、今回は高齢者の方向けのロングステイについての記事があったので紹介します。株式会社リエイ・インターナショナル様のロングステイプランですね。バンコク・チェンマイ・パタヤなどでのショートステイ、ロングステイの案内などが出ています。内容については割愛しますが、実際老後をタイで過ごそうという方はずいぶん増えたようです。ビザの中にもロングステイビザ(ノンイミグラントビザの一種)があるぐらいです。やはり気候や物価などの面で過ごしやすいのでしょうか。
 ただ、今回の記事の注目点はどちらかというとロングステイそのものではありません。サイトのロングステイ案内の下の方にある「バンコクの情報」というところを見ていただけると、基礎的な情報はちゃんと載っています(文章量は少ないですが)。特に買い物と食料品のところは結構いい具合なんじゃないでしょうか。

 そして何より面白いのは、お役立ちタイ情報の中の「生活実例集」です。なんと実際に暮らしている方の1ヶ月の支出モデルが!もちろん人それぞれですから参考程度ではありますが、こんな情報はなかなかないでしょう。
 ちなみにバンコクの実例で紹介されているSさんの場合を見てみると、同じ生活経験者として最も格差が激しいのが家賃だったりします。僕は月6,500バーツでした。逆に格差が少ないのが食費。1日に100〜300バーツと非常に幅のある生活だったので、平均すると同じぐらいなんじゃないかと思います。‥‥日本食主体のロングステイヤーと同じ食費って‥‥と思ってしまいますが、Sさんの場合は、おそらく日本でと同じように自炊(自分ではないかもしれませんが)してらっしゃると思います。僕はキッチンのない家でしたから朝食パンを食べる以外は外食です。いくら屋台で安く買ってても‥‥どうだろ、日本とは外食の値段が違うので微妙な気がしてきました‥‥。うーん。

 ま、それはさておき。タイで生活してみたい方、留学したい方はちょっとのぞいてみるといいかもしれません。ちなみに上記実例の方々の生活水準は僕やその友だちの留学生よりかなり上であることを明言しておきます。
posted by alohz at 00:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月03日

レコード屋さんのタイポップス

 自分の記事にトラックバックしてみます。
 5/24に「日本でタイポップスに触れようと思うと、まだ古いアルバムがタワーレコードやHMVなどの大規模な店舗で売ってるぐらいじゃないでしょうか」と書いたんですが、先週末に渋谷に行くことがあったのでついでにTower Recordをのぞいてみました。‥‥棚1つ半タイポップスで埋まってました。それも古いのばかりではなく、China Dollsのニューアルバムなど新旧取り混ぜていろいろありました。さすがにルークトゥン(演歌)などはなさそうでしたが。正直びっくりしました。
 ただ、さすがに中小規模のお店では難しいんじゃないかと思います。ワールドコーナーがあるところならあるんじゃないかな。
 最近は韓国ブームでワールドコーナー(特にアジア)は広がっていくでしょうから、ついでにいろんな国の音楽が並ぶようになると面白いですね。
posted by alohz at 12:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月24日

タイポッパー

 タイのポップス界のニュースやアルバム情報を扱うサイトを見つけました。
Thai Popper's Paradise様です。時々見ると、ニューアルバムの情報が出ていたりポップミュージシャンからのメッセージムービーが更新されていたりで、知ってる人には楽しいコンテンツが一杯です。
 ‥‥その分今まで1度も聴いたことのない人にとっての紹介の場にはちょっと向かないサイトですね。まさに「タイポッパー」の為のサイトです。さっき初めて見たんですがバンコク市内のライブスポット・イエローページまでありました。すごい。

 ここで初めてこんな話を聞く方のために導入を。僕はタイ語を勉強している関係でタイの情報を集めたりタイに何度か行ったりしてます。で、タイポップは‥‥まぁそのまんまタイで作られ売られているポップミュージックなんですが、技術や楽器は基本的に日本のものと一緒ですが、少々音使いが違っていて新鮮です。またタイ語は英語と同じ末子音のある言語なので、日本語よりノリがいいです。全体に早口なのでカラオケに行くとタイ人でも歌えない曲があったりします。
 日本でタイポップスに触れようと思うと、まだ古いアルバムがタワーレコードやHMVなどの大規模な店舗で売ってるぐらいじゃないでしょうか。最近はのぞきに行ってないのでひょっとしたらもっと改善されているかもしれませんが、ワールドコーナーの香港・インドの辺りに並んでます。China Dolls(ポップ/女性)、Nicole Therioult(ポップ/女性)、LOSO(ロック/男性バンド)、Fly(ロック/男性バンド)辺りが売ってるかもしれません。あぁ、タイの国民的スターであるBird(ポップ/男性)はあるでしょう。それから去年携帯のCMに出ていたというBriohnyは英語のCDを日本で発売しているはずです。‥‥こんなところでしょうか。
 ただし、この間ニュースでPalmyを初めとする9組のアーティストについて日本の代理店とCDの販売契約を結ぶとか結んだとかいう話をしていたので、ひょっとしたら大々的にセールスしてるかも。こういうとこに書くとなるとまた行ってみないといけませんね。

 さて、Thai Popper's Paradiseに戻りまして、今のトップは6/10に渋谷On Air EastであるPalmyとMAFのライブとChina Dollsからのメッセージですね。上にも出たPalmyは去年出てきたばかりの女性ポップシンガーですが、声量と声のパワーが並はずれていて、ライブで聴いていると圧倒されます。大舞台でも新人とは思えないぐらい落ち着いてるという話もありました。バックバンドにパワーのある人たちがつくとすごいんじゃないかなぁ。
 China Dollsは華僑系の姉妹(じゃないという話も)ユニット。4年ほど前に「Muay Nee Kha!」という曲でデビューして以来、一貫してダンス系のテクノポップをタイ語と中国語で歌ってきた彼女らは、しばらくの休業の後5枚目のアルバムを発表したらしく、今回のメッセージはそれを受けてのことのようです。今回のニューアルバムでは、より曲想の幅が広がったとか。
 どちらも気になるところですが、ライブは‥‥行けるかなぁ?うぅーん、チケットも残り少ないようなので(もう5月も終わりだから仕方ないか‥‥)急いで考えます。China Dollsはタイに行くまで我慢ですね。
posted by alohz at 12:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | thai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。